ヘアカラーチョークを使うとちょっとパサパサな髪に見えてしまう

ヘアカラーチョークをつけていると、そのつけている部分の髪の毛が傷んで見えるっていうのがちょっとしたデメリットかもしれませんね。
どのように傷んでいるように見えるのかというと、ヘアカラーチョークをつけた髪というのは他の部分に比べてみるとちょっとパサパサしてハリの無いような髪質に見えてしまうんです。
ですので、その結果傷んでいる髪の毛のように見えてしまうんですよね。

確かに、ヘアカラーチョークというのは粉っぽいものですので、その粉を髪の毛にこすりつけているわけですから、その部分がパサついているように見えてしまうのは仕方が無いと言えば仕方がないことではあるんです。
でも、あくまでもパサパサしているように見えているだけなので、決してヘアチョークカラーを使った部分の水分が抜けてしまって実際に髪の毛が傷んでしまうっていうわけではないので、その点では安心ですよね。

川口 美容室お風呂に入ってシャンプーで洗い流すことによってヘアカラーチョークは簡単に落ちてしまうので、そうしたらパサパサに見えていた部分はちゃんと元にもどっていきます。
ヘアカラーチョークを使っている部分のパサパサに見えるのがイヤだという場合には、ヘアスプレーなどを使うことによって気にならなくすることも可能なようですよ。

ページのトップへ戻る